ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2009年06月の記事一覧
≪05month
This 2009.06 Month All
07month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お弁当用パン 
2009.06.26.Fri / 21:47 
20090626215008
明日のお弁当用に、惣菜パンを沢山焼きました。
製菓用のシリコン型とゼリー型を使ったので なんか不格好(^_^;)

中身は
卵サラダとカレー風味のポテトサラダ、チキンカツ、ハム&チーズ、ハム&ウインナー。
すべて 娘の好きなもの
こんなにいっぱい焼くと なんだか嬉しい気分。
ホームベーカリー 万歳
携帯写真て いつもピンボケ気味で 苦手
スポンサーサイト
コスプレ家族写真 
2009.06.18.Thu / 10:08 
昨日の「ひるおび」で、家族でコスプレ写真を撮っている写真家さんが紹介されてました。
コスプレ、といっても アキバ系のアニメとかのコスプレではなく、衣装を着てなりきる?っていうのかな。消防士とか 酔っ払いとか(笑)
紹介された中の1枚を みて、いいなあ これ、と思った私

家で、
「ねーねー コスプレ家族写真て 知ってる?」
当然 アキバ系のコスプレだと思った夫と娘はひきまくりです。
こういうのでね、と説明して 私の気に入ったシーンの説明に。

「あのさ、やくざの親分のコスプレがあるの!!!
親分が家の前にいてね、舎弟が お控えなすって、みたいに両脇にいるの!
私、姐さんやってみたいなあ

夫、「岩下志麻みたいに?極妻?  じゃ 俺 親分だな! 似合うと思わね?」
(夫、サングラスかけて 危ない格好すると そっち系に見えます。ついでに若いころはそんな服装が大好きで・・・(汗))
「誰がいい? あのシリーズの親分 みんな死んじゃうよ。桑名正博とか なんか いまいちジャン。
菅原文太じゃなあ。。。松方さんも なんかねぇ・・・」

夫「鶴田浩二だな!鶴田浩二ならかっこよくない? うん 鶴田浩二だ!」

「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・?」
夫よ・・・私は懐メロ番組で耳押さえて歌ってる鶴田浩二しか知らん。
やくざの親分の鶴田浩二? 黄色いハンカチの高倉健で限界。

そんな会話を聞いていた娘が一言。
「ゴクツマって なに?」

世代間ギャップだ(^^;)


そして 極妻風の姐さんに扮する自分を想像してみた。
もちろん岩下志麻風。
が・・・・・なぜか いつのまにか 和泉節子になっていて・・・・・・・がーん

写真家 浅田さんのHP
http://www.asadamasashi.com/


浅田家浅田家
(2008/07/25)
浅田 政志

商品詳細を見る
天使と悪魔---意外と面白かった 
2009.06.14.Sun / 21:00 
原作本を読んだ時は
「なんかなあ・・・・ダヴィンチ・コードとプロットが全く同じじゃん」
って 感想でした。
展開は早いし、ラングドンが話す多くの事は知らなかった事が多くてひき込まれるのですが
ラングドンと一緒に行動するのが 美人のヴィットリア、怪しい隊長がいて、信頼出来そうな人がいて、謎解きは素晴らしい美術品をめぐりながら行われる、と まったくダヴィンチ・コードの展開と同じなんです。
これ、ダヴィンチを読む前に読んでたら かなり面白かったな、と思った記憶があります。

だから、映画は見にいくつもりは全くなかったのですが、
  世界最大の化学研究施設セルン(欧州原子核研究機構)
  バチカン市国
  バチカン美術館 及び 文書保管庫
  システィーナ礼拝堂
  コンクラーベ
  ネクロポリス(死者の都市)
  イタリアの美術彫刻 etc・
この辺が 映像として見られるかも、と娘に話したら ・・・・行く事になってしまいました。

原作を読んだ時の感想から、全く期待してなったんだけど
良い加減に編集されていて、どんどん引き込まれてしまいました。
隣の娘は 途中から微動だにせず、寝てるのか? と思ってしまうほど 画面凝視(笑)
エンドロールが始まるや否や、あれは どうして?これは どうして? なんで?と質問攻め。
終わってからにしなさい!とたしなめる始末。
(結局 翌日 原作本を買いに行きました。<私は 図書館から借りたので>)
原作とはちょっと違ってたけど、私としては ダヴィンチ・コードよりかなり面白かったです。
音楽も うるさいほどなんだけど 邪魔なことなく 効果的?って言ったらいいのかな。
2,4人目が殺されるシーンと5人目のシーンが、自分の頭の中を映像化したのか?って位想像どおりで びっくりでした。
もう一度 原作の方を読み直してみたいと思います。

イタリアって ゴミ問題が大変なようですが、綺麗なところなんですねえ。

天使と悪魔 (上) (角川文庫)天使と悪魔 (上) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る
天使と悪魔 (中) (角川文庫)天使と悪魔 (中) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る
天使と悪魔 (下) (角川文庫)天使と悪魔 (下) (角川文庫)
(2006/06/08)
ダン・ブラウン

商品詳細を見る

* テーマ:映画感想 - ジャンル:映画 *
花台 
2009.06.04.Thu / 20:52 
娘が中3の技術の時間に作った 椅子、変身させました。
ペイントクラフトのデザインを参考に、背景と配置を変えて 好き勝手に
(と言っても まんま、ですけど)
描きだしてみたら、ダボが飛び出てたり、割れそうな箇所があったり、・・・( ̄  ̄;) うーん な箇所も多々ありましたが、これを直してしまったら 彼女が作ったものでは無くなっちゃうね、という事で
あえて そのままでペイント。
なかなか 良いのでは?と これまた 自己満足

花台1  花台2   花台3

ちなみに、ペイント前は こちら です。

* テーマ:トールペイント - ジャンル:趣味・実用 *
| BLOG TOP |

がちゃがちゃ やってみる?

遊ぶブログ

楽天ウェブサービスセンター

プロフィール

Moca

  • Author:Moca

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

FC2カウンター

月別アーカイブ

CopyRight 2006 Hitorigoto・・・ All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。